やまとを知る

— 物語62 —

商店街を知る~あすろーど商店会~

2015.09.04

DSC_0203 のコピー

大和駅 南口(小田急線側の出口)を出て
前方~右手方向に広がっていくエリア

「あすろーど大和商店会」

くるずでは、こちらの商店会よりご依頼いただき

2015年 9月からいよいよ大和でもスタートした

「プレミアム商品券」の取り扱い店舗が分かるMAPを作りました☆

あすろーど商店会最終校了原稿★

あすろーど商店会最終校了原稿★2

お話頂き、短期間での制作でしたが・・・

その打ち合わせの中で

「あすろーど大和通りの一番先にさ、

通りのシンボルになってる

芸術家さんが作ったモニュメントあるの。

見たことある???」

!?

DSC_0203 のコピー

駅近くから始まり、引地台方面へずーっと、まっすぐ続く

「あすろーど大和通り」

商店会のメインストリートとなるこの通りは

平成10年に開催された「かながわ・ゆめ国体」にあわせて

「うるおいのある街づくり」の一環として

通りの整備がなされました。

通りを歩くと・・・

DSC_0057(↑CuRuZu  vol.2  大和道草より あすろーど散歩)

空が広く感じられます。

IMG_7971 - コピー

この通りは、まっすぐに伸びた通り沿いに

電柱・電線がありません。

整備の段階で、電柱・電線は地中化がなされ

歩道のタイルの整備も行われました。

印象としては、大変綺麗な通り^^

引地台公園への入り口となる、「柳橋」の交差点

ここがあすろーどの先端

そして、確かにここにありました!

IMG_8008

IMG_8012

IMG_7989「ミューズ賛歌」「変化と形成」「再構成」の3点の抽象彫刻

IMG_7999

原石から生まれたこのシンボルに

「通りの騒音や生活のエネルギーを取り込み、
かつ周囲の環境に負けない人間の力強さ、生命力
そして自然感などの考えを、この原石に託した」

という意味が込められているそうです。

エネルギーと言えば・・・

あすろーどが華やかに賑わう、このパレード!

DSC05737 - コピー

DSC05769DSC05749 - コピーDSC05743 - コピー

 

毎年5月の第一週の週末

「大和市民祭り」が開催される中

DSC05731

あすろーどでも、中央1号公園では「あすろーど大和まつり」が開催され

あすろーど大和商店=大和商工会議所 大和中央支部が提供しているのが

「サンバパレード」

DSC05753 - コピー「毎年、パレードものすごい盛り上がりなんだよ~」と

お囃子の出番待ちだった皆さんに教えて頂き・・・

DSC05764 - コピー

その提供が、今回お話伺った商店会主催だったとは!

お祭りの日は、もともと「健康増進」も視野に入れたお祭りにぴったりの

「自然食品の店 ヘルスロード」さんも、
毎年「青汁」をお祭りに行き各方々にふるまっていて

こちらも多くの人でお店の前が盛り上がっています。

DSC05724

DSC05723

 

ふと 思い出したこと

「商店会ってなんなんだろう」との話があがった時に

・街が活性化していくのに、「お店」の力が大きく
1つ1つの店が長い間、この地で、この場所で頑張ってきた歴史の積み重ね

・道路の街燈が灯ること、お祭りの日に提灯などの取り付けを行い華やかにしてくれる
 仕事や生活の間に、「街」のために動く人がいること

人 店 あらゆる 「力」
1つ1つが合わさって 「街」 が作られていくんだよ って

街に方たちと話をしたときに、耳にした言葉がよみがえってきました。

モノづくりは、作るだけに終わらず

また新たに街を知る「きっかけ」となりました♪

お店ひとつひとつ、歴史やこだわり、想いがあって

この地で「商い」をしているんだと実感。

街の人の話を聞き、足で歩いてみて、空を見上げてみる。

今回のMAPづくりは、その繰り返しでした☆

シェアする Facebookでシェア Twitterでシェア