やまとを知る

— 物語24 —

業人-遠藤一直さん-

2015.07.04

DSC00774

大和の農家さんの仕事を知る

vol.3 でお話を伺ったのは

大和を盛り上げる 業人
「遠藤一直」さん

DSC00731

「農業は難しい」

作ることの難しさや、売ることの難しさを

模索しながら経営していくんだ と遠藤さん。

DSC00749

野菜も「小ぶりや切り分けられたもの」を求める方もいれば

大きさにこだわる方もいる。

売り分けの大切さや、種まきの時に

「今年はどんな野菜を、どれくらい作ろうか」

そう考えることが楽しいと笑顔でお話くださいました。

 

DSC00755

業人の取材で、畑に足を踏み入れさせてもらい。

たくさんのご苦労があること。

でも、苦労以上に作る喜びや、

食べてもらって

「美味しかった」との声を聞いた時。

嬉しさが勝るという。

DSC00775

 

農家さんの仕事は、種の一粒一粒を大事にし。

すべての苗に手間をかけ、

時期により、朝早く。 または暑い昼時に。

すべては「美味しい野菜、美味しい果物をつくるため」と。

DSC00782

毎日、毎日。

畑を足を運ぶ。

くるずの業人のみなさん。

関水さんも、小川さんも、遠藤さんも、そしてVol.4の荒井さんも。

皆さんが笑顔でおっしゃること。

「1日、1日の野菜の。果物の。成長が嬉しい」と。

DSC00758

そして

遠藤さんからの言葉。

「人を読み、

食の流行を考慮し、

時代の流れを感じる」

ただ愛情込めて作るだけではない。

「相手」を想い、何が求められるか感じること。

そんな「思いやり」に溢れた遠藤さんの野菜は

農協を通じて市場に出ていたり

運営している直売所 「くまくんのおやつ」
(鶴間中学校の北側にあります)

つるま農産物直売所等で売っています。

DSC00774

DSC00732

DSC00780

ふと、「モノづくり」は、ものが違っても。

同じことを、意識するのが大切だと。

学ばせて頂いた、取材のひとつでした(^-^)

 

また、2014年の夏には

大和の野菜を使った、くるず
サポートイベントにて。
10584494_507851616014523_2026637500_n

業人
vol.2でお世話になった小川さん

そしてvol.3業人の遠藤さんを始め

大和で農業なさっている皆様の「野菜」を使わせていただきました。

10411284_605893739527580_3044467026472359919_n 10484521_605894179527536_823111453886882070_n 10500320_603671239749830_8174008397395554756_n 10561654_604140776369543_5045331920090614662_n 10543073_605889282861359_6720739142744112613_n
業人の皆様の「想い」を知って

地産地消を形に 一歩踏み出せたイベントだったと想います。

なにより

皆様が作る作物、本当に本当に
美味しいです。

シェアする Facebookでシェア Twitterでシェア