やまとを知る

— 物語81 —

毎年恒例・
春高バレー応援へ
2016~大和南高校~②

2016.01.05

DSC04185

「これで心がぽっかりしちゃうかもね・・・」

DSC00159

千駄ヶ谷の駅を降りると、すぐに見える東京体育館

DSC00156

会場に入り、間もなく試合開始の「大和南高校」の応援団の姿を探し。

Dコートにて発見

DSC00174

応援団とコート 双方が見える場所にいたくるずstaffに

「こちらへどうぞ」と
先にいらっしゃったご婦人から声をかけられ、
試合を近くで見ることができました。

大和南高校の対戦相手は、強豪と名高い 「京都橘」

双方の学校の応援が盛り上がっていきました

DSC04146

DSC04207

DSC04187

白熱する試合がすすむなか

1セット 15-25 京都橘がセットを取り

DSC00388

DSC00389

2セット目は、25-10で大和南のセット取得!!!

勝負の第3セット・・・

DSC00233

DSC00551

DSC04185

DSC00558

「がんばれ がんばれ!」

「あと一点でも諦めないで!」

DSC00588DSC00589最後まで全力だった選手の姿 応援団の姿

そして、隣にいらっしゃったご婦人は
「孫が3年生で出ていたのよ」と教えてくださり

去年の試合のこと

そしてこれでお孫さんの春高バレーが終わること

家族もいつも一緒に、会場で応援していたので

最初にあった「心がぽっかり」と穴が開いてしまうような
そんな感情をお話してくださいました。

DSC00592DSC04216DSC00604タイトルに

「恒例」って書きましたが。

毎年毎年、この場所にくるだけでも大変な事。

常連校となれば、またそれもプレッシャー

それでも11年連続を成し遂げ、
最後まで戦い抜いた今年の南高バレー部の姿

今年もこの姿を目に焼き付けることが出来て本当に良かったです。

選手の皆様
保護者・応援団の皆様

本当にお疲れ様でした!!!

 

また新たな一歩が始まりますが、引き続き応援しています!

 

シェアする Facebookでシェア Twitterでシェア