やまとを知る

— 物語43 —

大和 引地川沿いの4つの森

2015.07.04

DSC07075

大和市・上草柳を水源として市内を縦に流れる

『引地川』

川沿いには、大和市内の豊かな緑をはぐくむ

4つの森や、多くの方の憩いの場である公園がありますね

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆

まずは、引地川の水源地となる

≪泉の森≫

「やまとみずべー(水の精)」 と 「やまともっく(緑の精)」

DSC06059

(大和公式マスコット 
やまとフェアリー)

約600種類の植物や、約80種類の野鳥などが生息するという泉の森

水車や郷土民家園、キャンプ場などもある自然豊かな癒しの場所

もとは、谷戸田(やとだ ※山の中・もしくは山と山の間 谷間の田)だったこの地域

都市化によって洪水などが発生するようになったので

上草柳調整池を整備して、今の形にいたっているそうです。

IMG_0149 のコピーDSC06036

≪ふれあいの森≫

泉の森から続く、ふれあいの森

この公園内の引地川沿いの桜も、春にはお花見スポットに(^-^)

そして春以外も、休日は多くの方の団欒風景が見られます

こちらも四季折、自然の風景を楽しめる憩いの場所です。

木々に囲まれた空間で、ゆったりのんびり
空を見上げて風を感じる時間を過ごすのに最適ですね。

時折、厚木飛行場の離発着で。
普段見られないような飛行機のベストショットも見られるかも。

DSC06773

IMG_0122 のコピー

≪遊びの森≫

大和駅からあすろーどを通り、引地台公園を目指し♪

引地台公園を左手に見ながら、厚木基地の方面へ直進すると

やまと冒険の森フィールドアスレチックがあります。

DSC_0175

アスレチックの用具は、残念ながら

もとは27其の遊具があったものが

現在は使用中止や、すでに撤去などされていて

遊べる遊具が、ちょっと少なくなってしまっているそうです。

DSC_0181

それでも、四季折々。 散歩道もあり

こちらも、自然を存分に楽しめるエリア。

実は
このアスレチックフィールドのすぐ近くに、
桜が見事に咲く場所があるんですよ

 

≪大和ゆとりの森≫

そして、厚木基地の南側に位置している、

大和ゆとりの森

DSC07051

実際、引地川からは少し西側にそれていますが。

遊具も充実していて、休日は本当にたくさんの方がいらっしゃいますね~

スポーツと、レクリエーションの場として

お子様連れのご家族 お友達 ご夫婦&カップル・・・

広い空と、草原の中で

太陽に光をいっぱいに浴びられる、こちらも自然に癒されるスポット♪

バーベキューエリアや、スポーツ・レクリエーションの場としての施設も
さらに充実していくこの公園

DSC070752

DSC06965

DSC_0007

このゆとりの森も、調整池の役割があります

※調整池とは・・・?

台風や集中豪雨の時に、川の氾濫を防ぐ目的で

一時的に雨水をためておくための池

去年の台風の翌日、公園を撮影した写真

DSC_00472

DSC_0046

DSC_0032

 

こんなに水が溜まるんですね

さて

引地川沿いに戻って

福田小学校の近く

大和の名所のひとつ

「千本桜」が広がる風景

Sakura - Yamato Riverside - - Mike Dionne TM-SAS Photographyjpg

2016年、県の治水工事が行われる予定で

桜の伐採が計画されているこの名所

引地川沿いのこの風景も

来年の2015年 春の桜が見納めとなると思うと

感慨深いものです。

Sakura Reflecting on the River-Mike Dionne TM-SAS Photography

ただ、全ての木がいきなりなくなるわけではなく

2016年も桜の時期が終わってから、少しずつ伐採が始まるとの話も耳にしたので。

まだまだ目に焼き付けられたら嬉しい景色ですね。

 

Erin Sinnokrak - Yamato sakura 6

福田の周辺には調整池の役割がある公園が、他にもいくつかあるそうです。

土地の形によって、様々な特徴もあるんですね~

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

 

DSC06652

街の形が、なぜこのように作られたのか

あらためて住んでいる「街の風景」を

見つめ直すと新たな発見があるかもしれませんね

シェアする Facebookでシェア Twitterでシェア