やまとを知る

— 物語49 —

EARTHIST-アーシスト- 
山岡絵美さんの海の話②

2015.07.22

DSC_1239

梅雨が明け、夏の台風情報が気になり

青い空 暑い日差し 心地よい風を感じ

太陽の光をたくさん浴びる夏

umi2

キャンプや川遊び、海水浴に、ダイビング・・・

IMG_7047

P1040041

自然の中で、笑顔がたくさんです。

P1040040

ある日伺った、

海の話

大和のダイビングショップ

「Peace Dolphin」

IMG_5036

DSC_1257

代表 山岡絵美さんから

取材の時に聞いた、

海の話とは・・・

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

大和で感じる
「海」のある風景

大和の良い所は恵まれた立地から。

あらゆる場所へ行きやすいこと。

大和から「海」に向けて出かけた方も多くいます。

 

そこで、海のスペシャリストに聞いた

海のいろいろな話・・・

M0011447

M0011440

M0014874

Q. 山岡さんが感じる、海の魅力は?

A. 何より「平等であること」

陸上では、時には人間関係って難しい時もありますよね!

でも、海の中では。

年齢・性別・社会的立場など全く関係なく、

水中で見るもの、体験するものは

皆さん共通ですからね。

その場を共有した皆さんが仲良くしていく所が

素敵だと思っています。

P1030460

Unicode

Q. 本当に綺麗な海って、どんなところですか?
大和の近くにありますか?

A. 海外の南の島や沖縄はもちろん綺麗ですが。

大和の近くの“江の島”や“三浦半島”、“小田原”でも

実は、十分綺麗な海って、あるんですよ!

シーズンによって濁ってしまう時期もありますが。

海水浴シーズンが終わった

秋はまだ水温も高く、透明度も良くて。

海の水温って、地上の3ヶ月後の温度となるので。

夏の日差しを浴びている海水の温度は

10月~11月でも十分な暖かさがあったり。
伊豆半島などは、9月~11月はダイビングに最適だったり。

台風が去った頃の海は、透き通る世界が広がります。

色とりどりの魚たちが出迎えてくれます。

大和からも行くことができる場所

身近に綺麗な海って、実はたくさんあるんです。

P1030931

Exif_JPEG_PICTURE

Q. 夏、日焼け止めなど塗って海に行く事ありますが。

やはり、つけることは海を汚す原因になりますか?

A. 正直言えば、汚すのは確実だと思います。

ただ陸上で日焼けをして皮膚を傷めたり、

疲労するのであれば日焼け止めは必要ですよね。

ダイビングに興味がある方も

「ダイビングって日焼けしそう」と気になさることも。

ただ、ダイビングの場合は、基本的に長袖・長ズボンのフルスーツを

着用して潜るので、身体は日焼け止めを塗る必要がないんです。

顔は、日焼け止めを塗ることでマスクが曇り危険なので

落として潜って頂いてます。

DSC_1141

 ピースドルフィンHP

↑ホームページでさらに「海の情報」をチェック

 

自然と親しみ、自然により多く接することの多いシーズン

常に自然とともにいるアーシストから

さらに自然の話を聞いていきます。

 

続く

シェアする Facebookでシェア Twitterでシェア