やまとを知る

— 物語139 —

中央林間のフラ教室から世界へ!
〜宮崎花漣さんハワイ大会編〜

2016.09.22

14355870_10207634665080459_1082557803_n

世界中から愛される南国リゾート ハワイ

0cdfbe417f1555fe3101dd4c09ea008c_s

19d25d0ddaa476b54845ce2b94bf3b29_s

8393c5cf7ac4e42c9152323a8388ba1c_s

活発な火山活動がある風景

世界レベルのサーフィン

そして伝統的なフラ!

フラは、ハワイの物語や伝統、文化を守り続ける詠唱や歌に合わせて踊る

ハワイ独特のダンスです。

今ではハワイの文化や、ハワイの人々の美しさを象徴する世界的なシンボルとなったフラダンスは、アメリカ本土、ヨーロッパ、そして日本でも大変人気となっています。

 

このフラの本場・ハワイにて

大和市・中央林間のフラダンス教室

『ハーラウ カラアケアオケアオラニ』

宮崎花漣さん(小学校5年生)が、
ミス・ケイキ・フラ・ジャパン(日本代表)として

2016年7月、ハワイの地で由緒あるフラ大会にて踊りを披露。

14455851_10207700038074743_979603048_o

中央林間フラ教室よりミス・ケイキ・フラ・ジャパンが誕生!

↑日本代表 ケイキフラクイーンの誕生の物語はこちら!


%e3%88%ab_%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%bc%8f-1%e3%88%ab_%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%bc%8f-3%e3%88%ab_%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%bc%8f-2
ハワイ大会での様子や、結果

そしてハワイ滞在中の素敵なお話を伺いました☆

14331039_10207634658640298_1377636689_n

14375426_10207647767007999_441132985_o

14388833_10207634662840403_1581207934_n

 

★「41st Queen Lili’uokalani Keiki Hula Competition」★

第41回クイーン・リリウオカラニ・ケイキ・フラ・コンペティション

ハワイ最後の女王、クイーン・リリウオカラニを称えるために1976年にカリヒ-パラマ・カルチャー&アート・ソサエティによって開催された伝統的なケイキ(子ども)フラの大会です。

ケイキはハワイ語で「子供」のこと。

ハワイ王朝最後の女王リリウオカラニの名前を冠した、子供のフラ・コンペティションとしては最大規模の大会で、今年で41回目を迎えました。

ハワイ各地、さらに日本大会で優勝したハーラウ(フラ教室)から、6歳から12歳までのケイキが、ソロ部門やグループ部門で美しい踊りを披露し日頃の成果を競います。

14365405_10207634663080409_1805957576_n

☆2016年 大会日程☆

7月21日(木)午後6時~:ソロ部門
※宮崎花漣さんはソロ「ミス・ケイキ・フラ」部門に出場

7月22日(金)午後6時~: カヒコ(古典グループ)部門

7月23日(土)午後1時~: アウアナ(現代グループ)部門


師事するハワイの先生、Aloha Kenneth Victorが主宰するハワイのハーラウ「ハーラウ カラアケアカウイカヴェキウ」からも、ミスケイキフラ・カヒコ・アウアナ部門にそれぞれエントリー。

 

☆結果

・宮崎花漣:7位。

入賞とされる5位までには入らず、名前はコールされませんでした。

・Tyra Bates:ハワイ校のタイラ。「1st runner up」つまり、2位に入賞しました。

・ハワイ校のグループ部門:呼吸の合ったとても素晴らしいフラでしたが、入賞せず。

14349142_10207634663160411_1292333536_n

花漣さんは表彰式が終わると、
目が点になっていたとのこと・・・

いろいろ思うことがあったようで「悔しい」と感想を述べていました。

14384247_10207634662920405_1412490437_n

14397269_10207634663000407_865867745_n

☆宮崎花漣さん感想☆

【日本大会からハワイ大会までどんなふうに頑張ったか】
私は日本の大会で優勝してハワイの大会に出させていただきました。
日本大会からハワイ大会までの間、スタジオや家で練習をして、どこをどうしたらきれいで踊りやすいかを見てもらいました。

【ハワイ大会の感想】
ハワイの大会ではすごく緊張したけれど、先生とクム(ハワイの先生)が手をつないでくれて緊張がほぐれました。舞台に立ったらとても楽しく気持ちよく踊れました!

踊った後は力が抜けてほっとして、安心して涙が出ました。

入賞は出来なくて悔しかったけれど、ハワイの舞台で踊れたのでとても嬉しかったです。

応援してくれたみんなにとても感謝しています。

【大会が終わった後のハワイでの過ごし方】
いままでいろいろな曲に合わせてフラを踊ってきましたが、その曲の舞台となる場所や、めったに見ることができない場所とかに連れて行ってもらって、たくさんの経験、たくさんのことが学べたので良かったです。連れて行ってくれた先生に感謝しています。

【これからの抱負】
私はフラをやっていて良かったなと思います。フラ、家族、フラの仲間みんなをとても誇りに思います。これからも、多くの人が楽しめるようなフラを踊るダンサーになりたいです。

14365335_10207634647400017_2002732837_n
14388866_10207634658400292_114496278_n

14383460_10207634647440018_446437100_n14389918_10207634662880404_285045872_n
そして今回の大会がどのような大会だったのか…

お教室主宰の原先生、花漣さんのお母様の洋子さん、
叔母にあたる本多様からのお話です。


☆大会の雰囲気や、他の出場者の様子☆

今年第41回を迎えたこの競技には、ハワイ各島・日本から23ハーラウ、400人以上のケイキ・フラダンサーが出場。

日本のケイキ・フラのレベルは高く、本場ハワイのフラと比べてもひけをとりません。表情豊かで動きも滑らか。大人顔負けです。

 

☆日本大会からハワイ大会までの出来事☆

・宮崎花漣の祖母が、今年のゴールデンウィークに他界。

誰よりも花漣のフラのファンで、応援していました。

2月の日本大会では花漣の優勝は最初から分かっていたと自信を持って話していました。

ハワイ大会に行くことを楽しみにしていましたが、突然の他界。お通夜では、ハーラウのメンバーとともに、そして、葬儀の際には祭壇を前に、花漣がフラを披露。葬儀業者さんからは「このような笑顔にかこまれたお見送りは今までにありません。心のこもった、とても素敵なお見送りの会でした」とお言葉を頂戴しました。

花漣は「ばあば」に約束しました。
ハワイ大会を心から楽しみ、みんなに感謝する。

そして、ステージに向かいました。


・大会前に必ず行う「壮行会」では、意気込みを語るトークが苦手で、毎回緊張のあまり涙を流す花漣ですが、事前に言葉を考えてスマートフォンに書き込んであり、涙なく読み上げることができました(笑)。

 

・ハワイに渡ってからは、大会の名前にもなっているリリウオカラニの像、今回踊った曲の主人王であるカピオラニ女王の像、そして、観光スポットにもなっているカメハメハ像にフラを奉納し、レイをお供えし、うまく踊れるように願いました。

14349029_10207634647560021_68502553_n14355841_10207634647600022_167451382_n

14397949_10207634647280014_687791909_n-214397447_10207634647680024_2061438240_n

・ハワイ校のメンバーと合流してからは、行動を共にし、歴史ある場所をめぐったり、レッスンをしたり、食事を共にしました。言葉は通じなくとも、すぐに仲良くなる子供たち。気が付けば、カードゲームを楽しみ、写真を撮ったりと、充実の時間を過ごしていました。

14371933_10207634663120410_1221386470_n

14383301_10207634647480019_995597054_n 14349013_10207634658600297_623363194_n

14384237_10207634647520020_83641843_n

14398016_10207634647200012_2134149382_n

14388792_10207634647360016_655169134_n

・大会当日は、ハワイまで応援やサポートに来てくれたメンバーからの声掛けはもちろん、日本からは動画メッセージを送ってくれたりと、ナーバスになっているであろう花漣を励ますメッセージが送られました。
ホテルから大会会場に向かう際には、ダブルレインボーが見送ってくれました。

14397351_10207634658480294_878123499_n

・いよいよ本番。
ミュージシャンとの音合わせや最終の調整をしました。応援に駆け付けたメンバーは、祈るように踊りを見、フェイスブックの「ライブ機能」を使って、日本で応援してくれているメンバーに動画配信をしたり…。

ハーラウが一つになった瞬間です。

 

・踊り終えて、会場外に出てくると、日本からの応援団だけでなく、ハワイ校のメンバーもレイをかけて健闘をたたえてくれました。また、ハワイ校のタイラの出演後も同様に、日本校メンバーからもプレゼント。日本校とハワイ校が一つになりました。

14355825_10207647766967998_732465732_n

14349053_10207647767048000_1543067705_n
・結果発表は手に汗を握りながら、花漣の名前がコールされるのを待ちました。コールされるSoloistたちは、みんなとても上手で、ハワイの大人の大会でも優勝・入賞する強豪チームでした。名前をコールされなかったことがわかると、やはり悔しい表情をしていました。

 

☆大会を終えて

・3日間の大会を経て、本人のみならず、ハーラウとしてとてもいい経験ができたと思います。日本では入賞する機会が多かったので、結果が伴わなかったことで気が付いたこと、学ぶことも多くありました。これからも気持ち新たに、フラを学び続けていきたいと思います。そして、応援してくれる皆さん、そして、初めてフラをご覧になる方にも笑顔になっていただけるよう、精進していきます。

14269729_10207634663040408_651394986_n

☆番外編☆

・宮崎花漣は、大会終了後、カウアイ島にサマーバケーションに向かいました!その後、家族と離れて、先生(伯母)と2人でハワイ滞在。

ハワイの文化や歴史を勉強してきました。


14340009_10207647766887996_1848450032_o14285580_10207647767088001_838728699_o14375337_10207647766927997_120564525_o

・ハワイ滞在最終週、ハワイ島に渡り、ハワイ校のホイケ(発表会)に出演。大会で踊った曲を披露しました。その他にも、ハワイ島に渡ってから教えてもらった曲を、ハワイ校のケイキたちと一緒に踊りました。

14374789_10207647767128002_1506143443_o

・約1か月間のハワイ滞在で学んだことは、夏休みの宿題として「ハワイ旅行記」にまとめました。 14424022_10207697612254099_221462616_o14455982_10207697612574107_408323007_o14423973_10207697612654109_1737983747_o14423816_10207697612454104_2088530320_o14456652_10207697612414103_2135341342_o14423994_10207697612334101_693668111_o

14393377_10207697612534106_2046211529_o

☆主宰・原先生より☆

・沢山の応援、ご協力、ありがとうございました。

無事にハワイの舞台にて、パフォーマンスを終えることが出来ました。

残念ながら入賞は叶いませんでしたが、花漣らしいスムーズな踊り、内に秘めた思いと共に、私が伝えたいこと、学んで来たことを、ハーラウ代表としてしっかりと披露してくれました。

沢山の方々に支えられて、この場所に立てた事、本当に感謝しています。

ケイキフラは、私にとって最初にお手伝いさせて頂いた貴重な思い出の場所。

この舞台で、自分が先生として立たせて頂けた事にも感謝しています。

そして、かれんがハワイで踊る姿を楽しみにしていたばあばも、喜んで見ていてくれていることと思います。

まだまだ未熟な私達ですが、また初心に戻りハーラウみんなで一歩一歩精進して行きます。これからもどうぞよろしくお願い致します。

14389950_10207634665040458_1201359260_n


☆★☆★☆★☆★☆

2016 Keiki Hula | Karen Miyazaki 動画

↑花漣さんの大会の様子 動画で見られます♪↑
Let’s Click!!!!!

あらためて

大会に出場するまでにも様々なドラマがあり

想いがあり

日本とハワイ、国は違っても「アロハスピリッツ」で繋がり

※アロハとは、全てを受け入れる「心」
“歓迎” “信頼” “思いやり” “尊敬”
そして“愛”をもって人に接する事を意味
つまり
「思いやりと素直な心をもって
 他者に感謝し、慈悲と愛情を与え幸福を分かち合う」

フラという文化を通して多くのあたたかい『絆』を感じますね。

またさらに

頑張ったけれど、結果がでなかった。

しかし、また次の目標に向かって進んでいくこと、

負けたからこそ得た教訓があったという前に進む力。

花漣さんのお母様の洋子さんは
「コールはされなかったけど、7位なんて凄いこと!よくやりました」とのこと。

そして
「ハワイ大会で入賞しなくても、ミスケイキフラジャパンに変わりはないので、誇りに思う」とお教室の皆様の声。

本当に、その通りです。

多くの若きフラダンサーの中で。
日本代表としてたったそのステージ。

その場にたった事が、まず何より
本当に素晴らしいことだと思います。

花漣さん、お教室の関係者の皆さん
あらためて日本一のケイキフラダンサーとして
ハワイ大会のステージに立たれた事にお祝い申し上げます!

今回の大会の話から
また私たちも感じるものが多くあり。

次にまた、花漣さんはじめ、
ハーラウカラアケアオケアオラニの皆様のフラと出逢える日が

とっても楽しみとなりました。

ハーラウカラアケアオケアオラニ 公式ホームページ

↑お教室について詳細はこちらClick!!!↑

シェアする Facebookでシェア Twitterでシェア