やまとを知る

— 物語155 —

ハワイ大会へ再び!〜ハーラウカラアケアオケアオラニ〜③本番編

2017.02.26

8賞状

物語三部作

中央林間のフラダンス教室
ハーラウカラアケアオケアオラニ

2017年2月コンペの道のり

ハワイ大会へ再び!〜ハーラウカラアケアオケアオラニ〜②大会までの道のり編

気持ちを込めた練習を重ね、
スランプ・インフルエンザを乗り越え

ハワイへの切符を手に入れるため、仲間・家族の想いとともに

いよいよ迎えた、本番!

お教室からの前日・当日のレポートです★

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■全員揃って大会へ。
新潟クラスからも応援に!

万全の体調管理で、全員で大会に臨むことができました!

2リハーサル_麻矢に「虹」を示す原

前日は、ミュージシャンと音合わせとリハーサル。
生演奏はやはり気持ちがいいのか、ダンサーたちがいつも以上にのびのびと踊っていました。

16976337_10208962170827273_1259893625_n 1楽屋のお掃除もやります (2)1楽屋のお掃除もやります (5)1楽屋のお掃除もやります (4)1楽屋のお掃除もやります (3)16976224_10208962170707270_1305565086_n

 

限られた時間の中、実際のステージで立ち位置を確認し、踊る。

集中力が求められます。
今までのレッスンで培った集中力をここで発揮!

2リハーサル (8) 2リハーサル (7) 2リハーサル (6) 2リハーサル (5) 2リハーサル (4) 2リハーサル (3) 2リハーサル (2) 2リハーサル (1) 1楽屋のお掃除もやります (6)

そして、美容師をしながら新潟クラスのインストラクターをつとめるスーパーサポーターが到着!本番に向けて着々と準備を進めてくれました。

8新潟からのサポーター そして

いよいよ本番・当日へ・・・

3カヒコ (1)3カヒコ (3)

ほどよい緊張感の中でダンサーが魅せます。

今回の大会は、1日ですべてのカテゴリーを審査。
よって、3部門にエントリーしていることから、バックヤードは大忙し。

1曲終えてから着替え、ヘアスタイルを変え、ダンサーは頭を切り替えて…。

そんな忙しい中でも

「やることはやった、あとは本番楽しむのみ」

という先生の言葉の通り、ダンサーたちはリラックスし、余裕の表情。

少しイメージトレーニングしたあとに、写真を撮り合ったりと、和気あいあい。

3カヒコ (2)

3カヒコ (5)

順番が近づくと表情は一転。

ダンサーに切り替わります。

 

 

本番のステージ上では、大会に向けたレッスンを始めたころに共有しあったそれぞれ曲の意味とイメージを、みんなの思いをのせて、体いっぱいに表現。

ダンサー10人、サポーター、応援に駆け付けたメンバー…

お教室とその家族、友人たちが一つになった瞬間。

6踊り終えて (4) 6踊り終えて (3) 6踊り終えて (2) 6踊り終えて (1)

 

カヒコ(古典フラ)では会場が静かになるほどに魅せ

3カヒコ (7)

3カヒコ (4)

アウアナ(現代フラ)では、温かい雰囲気でそこにいるみんなをお家にお迎えするようなフラを披露。

5アウアナ (4)

5アウアナ (3) 5アウアナ (2) 5アウアナ (1)
そしてソリスト
スランプに陥っていた麻矢。

4ソロ (2)リハーサルでも見せることのなかったフラを踊りました。
のびやかに、ハワイの情景を表現。

4ソロ (1)4ソロ (4) 4ソロ (3)

これには先生も
「ステージの上で、一皮剥けた麻矢の晴れ晴れとした表情、ミュージャンの思いの込もった演奏をパワーに変えて、輝いていたね。最後の最後に、私が一番伝えたい事が、伝わった!」と喜んでいました。

4ソロ (7)

 

■緊張の一瞬、結果発表

まずはソロ部門、4位からの発表です。

4位、3位…と発表が進みます。

全員が手をつなぎ、麻矢の名前がコールされるのを待ちます。

「2位 平野麻矢」

呼ばれた瞬間、本人もみんなも声を上げて大喜び!
ソロは一人で踊るものですが、気持ちはみんな一緒に踊っているのです。

4ソロ (6) 4ソロ (5)

続いてグループカヒコ(古典フラ)部門

3位から発表です。
コールなし、入賞せず

会場にいたメンバー全員が、予想していなかった結果に目が点…。

時間がピタッと止まってしまったような様子。

7表彰式 (1)

最後、グループアウアナ(現代フラ)部門

6位からの発表です。

6位、5位、4位、3位、2位…

ここまでコールがありません。

期待と不安が入り混じった面持ちで、1位でのコールを待ちます。

緊張しすぎて
「気持ち悪くなってきた…」、
「あ、鼻血が出ちゃった」と、

このタイミングでいろんなハプニングが。

あたふたしている間に1位発表。

「優勝は…
ハーラウ カラアケアオケアオラニ」

呼ばれた瞬間、歓喜と涙で大騒ぎ。
「気持ち悪い」も「鼻血」もどこかに飛んでいくほどの勢いでした。
7表彰式 (2)

7表彰式 (5) 7表彰式 (4) 7表彰式 (3)

念願だったアウアナ優勝

グループ部門でのハワイ大会への出場権。

ダンサーをはじめサポーター、応援してくれる家族、友人、たくさんの支えてくれる存在があって、得られた結果だと思います。

 

フラを学ぶことのできる環境、支えてくれる人が居る事の、ありがたさを感じて大切なものを得られたステージだったと思います。

8サポーターと (2) 8賞状

【大会参加者の声】

・平野摩矢(ひらのまや・大和市立緑野小6年生) ※ソロ部門2位先生をはじめ、支えてくださった沢山の方々のおかげで最高のフラを踊ることができました。グループは優勝、ソロでは2位。本番で自分たちが持っている力を最大限に出すことができて、ご褒美もいただけたので嬉しかったです。みんなでハワイ大会に向けて、これからも頑張ります!

・川上香音(かわかみかのん・川崎市立麻生小学校4年生) ※初めてコンペ出場
初めての大会で優勝できるなんて、夢をみているのかと思いました。たくさん練習して、つらいこともあったけれど、わからない時や困った時にはみんなが教えてくれたり助けてくれたので、頑張れたと思います。ハワイ大会が楽しみです!

・小石桃香(こいしももか・相模原市立大沼小学校5年生) ※初めてコンペ出場
初めてのコンペで緊張したけれど、応援してくれるたくさんの方や仲間がいたから、ステージに立った時に楽しく踊る事ができました。ハワイ大会に向けて練習頑張ります。

・小川 さくら(おがわさくら・横浜市立本牧小学校 3年生)
大会に参加するのは今回が2回目です。昨年悔しい思いをした分、頑張りました。練習は大変だったけれど、本番では練習した事が出し切れて楽しく踊れました。ハワイ大会では日本大会より上手に踊れるように練習したいです。

 ・宮崎花漣(みやざきかれん・横浜市立港南台第1小学校5年生)
みんなでたくさん練習しました。辛いこともあったけれど、努力したからこそ優勝という素晴らしい賞が取れたのだと思います。ハワイ大会ではみんなの応援をうけて頑張ります。

・住岡 里紗(すみおかりさ・川崎市立西野川小学校6年生)
大会に参加するのは2回目です。協力してくれたひとたちのお陰で、今回も素晴らしい舞台に立つ事ができました。そして、優勝する事が出来ました。ハワイ大会に向けて、もっと練習を積み重ねていきたいと思います。 

・西郷洋音(さいごうひろね・相模原市鹿島台小学校 6年生)
色々な人のサポートのお陰で、優勝という素敵なご褒美を頂くことが出来ました。ハワイ大会という新たな目標に向けて、皆で心を一つにして、また練習に励んでいきたいです。

 ・阿部花音(あべかのん・大和市立林間小学校 6年生)
昨年はソロ部門に出場させていただいた思い出の大会。今年もたくさんの方々のサポートをいただき、念願のグループアウアナ優勝というご褒美を頂くことができて、とても嬉しいです。ハワイ大会に向けて、みんなでまた1から新たなスタートを切って日々の練習を頑張りたいと思います。

・石橋萌(いしばしもえ・寒川町立小谷小学校6年生)
先生やサポートしてくれた人たちのお陰で楽しく踊れて、素敵なご褒美をもらうことができました。このハーラウ(フラ教室)と、メンバーと出会えてよかったです。

・平山柚羽(ひらやまゆずは・相模原市立上鶴間中学校 1年)
沢山の方々の支えがあったからこそ、本番とても良い踊りができました。これからも、さらにいい踊りができるよう皆で練習に励んでいきたいと思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■9月、ハワイ大会へ

この冒険はまだまだ続きがあります。

9月1日~3日のハワイ・オアフ島での
「Hula `Oni E Hula Festival」に向けたレッスンが始まります!

本場ハワイで一番いいフラを披露できるよう、
これからもレッスンを重ねていきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇

大和の仲間の声を
大和の仲間が伝えていきたい

その想いを「くるず」から
少しでも伝わり、応援というPowerとなりますように・・・

シェアする Facebookでシェア Twitterでシェア